FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類
08 /02 2013
4

世の中には才能のある人と、ない人っていうのがいて。


自分はもちろんない側で、毎日10時間以上絵に注いでみてもゲンナリしちゃうくらい進歩がなくて、「もってる人」との差は開くばかり。

才能のある人はもっと凄まじい速度で、とっくに凄まじい次元まで到達してて、自分のしてる事のすべてが無為に思えちゃったりする。

きっと才能のある人っていうのは、自分の絵のどこがどう悪いのか、バランス的にどうなのか、配色的にどうなのか、様々な事を感覚的に理解して、修正していけるんだと思う。

自分なんかはもう「なんか全然だめってことは分かる。でもなんかもう1から10まで全部ダメすぎて、どこからて手直しすればいいのかわからない」ってくらいのレベルで、でもまあ1つずつでも直してこうと思うんだけど、多分その着眼点そのものが「もってる人」とズレてて、見当違いの方向でばかり手直しして、無駄に時間かかるわりには、ほとんど進んでないように見えたりしてさ。

正直うらやましいなって思ったりする。


手が震えないで一筆で綺麗な曲線が書ける人。


そういう人に憧れるけど、実際手とかもうプルプル震えまくりで1センチ以上連続でまともにかけないから、デッサンなんてしたこともないけど、デッサンする人風に「シャッシャッシャ」って短い線を無数に繋げて形っぽくするしかない。

造形も、誰か上手い人の絵に似せようとすればするほど、技術差のせいか才能の差のせいか、あまりにチグハグでとても見れたものじゃない感じになっちゃって、しょうがないから自分の感覚に従って自分の頭のなかにある形だけを頼りに線を重ねてみるけど、納得いく形になるまでに何十回も何百回も修正するなんて当たり前だし、そうやってできたものだって、やっぱりこう、見栄えがしない。


「下手でも見栄えを良くする方法」とかそういう本を読んだりして勉強すれば、もしかしたら今よりちょっとは見れる絵になるのかもしれないけど、それってギターで言えばエフェクターかけまくってごまかすテクと似てて、そういうのに頼れば頼るほど、自分みたいな「もってない側」はいよいよ没個性の海に埋没しちゃったりする。


なけなしの個性くらいしか、縋りつくものがないわけさ。


それでも、これは自分に限った話しなんだけど、「全然上手くはないんだけど、流行ってもない絵柄なんだけど、なんか個人的に好きな感じの絵を書く人」っていて、そういう人の存在は、なんていうか、「絵で目を楽しませてくれる」ってこと以上に、「そういう人の存在」そのものが、なんだかこう、形容しがたい何かを自分に与えてくれる感じがして。


そういう「才能ない感じだけど頑張ってる感じがする人」がいてくれなかったら。


多分、きっと、絵とかだけじゃなくて、音楽だけじゃなくて、色々、どんな分野でも、才能がモノを言うのが世の中で、そんな中で才能ある人ばかりが結果を示して、存在を主張して、そうでない人に居場所はない、そんな世界だったら、きっととっくに自分みたいな根性なしは、心が押しつぶされてたと思う。


そんな世の中で、それでも頑張ろうなんて気持ち、とっくに潰えてたと思う。


灯火なんて言ったら聞こえが良すぎるかもしれないけど、でも、そういうものって確かにある。


自分を信じれなくなって道を見失う時、太陽の明かりは眩しすぎて余計に何も見えなくなる。


月でもやっぱり自分なんかが目指すには大それ過ぎてて。


名前のない星くらいが、一番ほっとするあの感じ、そういう感じを与えてくれる「才能はなさそうだけど、なんか頑張ってる感じの人」が放つ、ほんのり微かな明かりがこそ、「自分みたいな無能」が進むべき道を教えてくれたのも事実でさ。


あわよくば、自分もそうなれたらなんて、ちょっと都合いい事を考えてみたりする。


文章と絵の内容が違いすぎてなんかもう笑っちゃうけど、でも、分かってくれる人は分かってくれると思う。


こういう絵を描きたいのが自分で、こういう言葉を吐きたくなるのが自分で、どっちが本当とか、どっちが嘘ってことはなくて、どっちも自分の正直な衝動で、だから。


多くなくていいから、数える程度だけでいいから、あるいはひとりだって。


いつか、誰かに、この情念まで込みで届いたらいいなって思う。


無能な側の「本来届かないはずの声」が届いたら、そのひとつの出来事がこじ開けた可能性の幅こそが、つまり灯火なんだと思う。


そうなれたらいいなって思うよ。


自分も、そしてこれを読んでくれてるあなたもね。

3

コメント

非公開コメント

メランコル

基本エッチな絵を描いてます`~`

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。