FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類
10 /18 2013
nige1
nige2

新作「エロドット・エセアクション逃げろリ!」多分今週中あたり各DL販売サイトに登録できそう。

「ただひたすら逃げるだけ」っていう、ゲームとしてはほんとにシンプルなゲームだけど、「なんの力ももたない幼女が、追いかけ回されて、必死で逃げるんだけど追い詰められて、結局捕まってレイプされるあの感じ」を表現したいがためだけに作ったゲームだから、そこはわりと楽しんでもらえるかなって思う。

幼女が追い回されてレイプされるものってさ、いわゆるエロゲとかエロアニメではよくあると思うんだけど、エロゲだと「逃げて、追いつかれて、レイプされる」が全部文章での表現だから、イマイチダイレクトじゃない感じがするし、エロアニメではそれが全部動きで表現されてるけど、結局見てる自分は「見てるだけ」で、追いかけてる魔物も、追いかけられてる子も、画面の中で、見てる自分とは関係なしに勝手にそういう動きをするだけでさ。


この「逃げる幼女を自分が操作して、全力で逃げて、だけど捕まってレイプされる感じ」が大事なんだ。


他のエロドットアクション系の同人モノって、基本的に「敵を倒すことが可能なシステム」でさ、敵と戦って負けて犯される、とか、あるいは犯されながら冒険する事そのものが目的だったりで、この「本当に戦う力を一切持ってない、本当にごく普通の幼女が、ひたすら逃げて、逃げたけど捕まって、で、レイプされる」っていうのをエロドットでやってるものは、少なくとも自分は見たことない。


なんて強気な事言ってみたけど、同人方面の情報にはかなり疎いほうだから、自分が知らないだけで実は結構あったりしちゃうのかもだけど。


まあなんであれ、今までの子宮脱モノ同様、焦点を絞りすぎてニッチな市場なのは分かってるから、売り上げは期待してない`ー`

数はそんなに売れなくても、自分と近しい感性の人がこのゲームを楽しんでくれたらって思う。

コメント

非公開コメント

発売おめでとうございます!!

ただのコメディタッチなエロゲームかと思いきや
終盤で「なぜこのような世界になったのか」という理由が
しっかり描かれていて最後にはちょっと考えさせられるという
メランコル節が今回も効いてましたね(゜▽゜)

表裏一体の「欲望」。よく分かります。

いつかエライ人が言っていたのですが
「人はいつも不満ばかり漏らして
今ある幸せに気付かない」というのが目から鱗でしたね。

お金がないだ、仕事がキツイだ、アイツが嫌いだ。
そんなことよりもどうして自分が今ある幸せに
満足できないのか。

世の中にはただの水ですら満足に飲めない人がいる。
動きたくても体を動かせない人もいる。
五体満足で生きているだけでも十分幸せじゃないか、と。

「当たり前」にできることを「当たり前」に思わず
「ありがたいこと」と思わないといけないよな、て
今回のゲームをクリアして改めて思いましたね。

いつもメランコルさんの作品を「当たり前」のように
普通に買ってましたが、その裏では
「ここまで作り上げるの大変だっただろうな」と
その作品ひとつひとつを手に出来ることを
「ありがたいこと」と思って楽しもうと思います。



Re: タイトルなし

ありがとーう`▽`

うん、いつもの感じで後半ブチ込んでみたw

大切なことほど、当たり前になりすぎちゃって、つい忘れていっちゃうんだよね。
で、「大切な事を忘れて、見落としてる状態」が当たり前になっちゃう。

夜の仕事をしてた頃、社長とか役員とかそういう立場の人とお話をする機会が何度かあったんだけど、
中には、六本木にビル余裕で建てれるくらいお金はあるんだけど、それだけのお金を稼ぐために、ちょっと立ち止まって「見失ってる当たり前のこと」を振り返る猶予もなく何十年も走り続けて、それでこういう人柄になっちゃったのかなって感じる人もいたりして。

身体も健康でお金も地位もあるのに、なんだかいつも何かに追われてるみたいにすごく息苦しそうで、切羽詰まったような汗をいつもかいてて、誰に対しても威圧的で、だから孤独で、そんな自分を慰めるみたいに散財して、散財するお金を稼ぐためにまた全力で走り過ぎちゃうから、大切な事、当たり前のこと、見失ってる事を振り返る余裕もなくて。

「お金持ち」「勝ち組」って言われてるの中には、そういう人も少なからずいてさ。

まさにenoさんが言ってくれたような事柄を、時々でも立ち止まって、振り返って、噛みしめるだけの心の余裕があるかないかって、人生にすごく大きな影響を及ぼすように思う。

だから、作品を通じて、ちょっとだけ立ち止まって振り返ってみる機会を提案してみるのもいいかなって。

自分にとってはこうやってある程度自由に創作活動が出来る状況も、それを手にとって楽しんでくれる人がいる状況も、当たり前っていうよりはすごく恵まれて有難い事だけど、その状況を支えてくれるのは、やっぱり健康とか日常とか、当たり前の事柄が当たり前に日々あってくれるおかげだから、当たり前の事にも、そうじゃないことにも、日々感謝感謝だよ。

いつも温かいコメントありがとうね`▽`

いえいえ~大したコメントではありませんが
励みになっているなら幸いであります(´▽`)

そうなんですよね。楽するためにお金を稼いでるはずなのに
お金持ちの人に限って仕事に追われてばかりで余裕のない生活をしていたり、
人付き合いを気にしてやりたくないことをやってたり
なんだか本末転倒のような気がします。

そういう人には本当の意味で余裕のある生活を
してもらいたいですね。


今更ですが「虐めのロンド」についてちゃんとした感想を
言ってなかったのでここで一筆。

正直言うと最初は見終わったあと気分が悪くなりました。
虐められた姫が力を持ったのに、その力を虐めた奴らに使わず、
自分を慕ってきた全然関係ない千夏をイジめる。
さらに千夏は姫に逆襲しようとして姫を誘拐するが
姫も被害者なんだと分かると
素直に憎めなくなってしまう。

自殺する寸前までいじめられた経験のある自分からすると
当然一番憎いのは虐めた奴らだし
「虐めは悪」というのを自分が一番分かってるから
それこそ無関係な自分を慕ってきてくれた子を
虐めるなんてありえないし、ましてや
相手も過去に虐められてたんだから
しょうがないよね、なんて感情はおかしい!!
とちょっと怒りに似た何かを自分で勝手に感じていました。

でもまてよ、と同時に別の考え方も出てきて。
自分の場合はたまたま虐められる側だったけど
場合によっては最初から自分が虐める側に
回っていた可能性もあったんじゃないか、と。

子供ってやって良いことと悪いことの区別が完全にできなくて、
無邪気なんだけどだからこそ普通に考えたら恐ろしいことでも
平気でできちゃう部分もあって、いじめに関しても
別に相手が憎いわけじゃないし相手を自殺に追い込みたいわけでもないのに
弱い者を集団で虐めるのが楽しくてそれがついついエスカレートして
感覚が麻痺して「死ね」とかヒドイことも平気で言うようになる。

はたして自分がその「いじめる側」には決してならなかったと
言い切れるかどうかというと、改めて考えてみると自信がないなって。

それに気付いたら今までただただ憎いだけだった
自分を虐めた奴らに対しても「しょうがなかったんだな」って
思えるようになって。

いじめってさ、いじめる奴が悪いんじゃなくて
「いじめは悪いことだ」ってしっかり教えない環境が
悪いんだと思う。

生きるために必要なことを学びにいく学校なのに
教えてる内容は「こんなの覚える必要あるの?」て思うような授業ばかり。
海外のとある国のとある村の生産量ナンバー1は
なんだ、とか、難しい数学の公式がどうのこうの。

そういう授業をするなとは言わないけど
昔から散々問題になってるのにいまだに
いじめが無くならない現実って結局学校で
「いじめは悪」ということをちゃんと教えてないからだと思う。

教えてたとしても週に一時間しかない「道徳」の時間に
イジメ関連のビデオを垂れ流すだけなんじゃないかなって。
もちろんそういう問題に真摯に取り組んでる学校も少なからずあると思うけど
ニュースでどこどこの生徒がイジメで自殺って聞くと
もうなんのために学校があるのか分からなくなる。

「子供は毎日学校にいって授業を受けて
テストで良い点をとって良い大学に入ること」しか
教えない学校ばかりだと今後もイジメは
なくならないでしょうね。

なんだか人様のブログなのに勝手なことを
つらつらと垂れ流してしまってすいません。

メランコルさんの作品のおかげでイジメの本質に
気付けた気がします。ありがとう。

今は自分を虐めた人たちを許せる気がします。

Re: タイトルなし

やっぱりenoさんはさすがだなあ。

虐めのロンドでネックになるのは、姫が「自分をいじめた奴ら」じゃなくて千夏を暴力の対象に選んだ理由だと思うんだ。

「普通に考えたら」おかしいよね。

力を得たのに、自分をイジメたやつに仕返しするんじゃなく、無関係な人を攻撃するなんて。

「普通に考えたら」おかしい。

イジメに関与してたわけでもない、その上自分を慕ってくれる千夏に牙を剥くなんて。

「まともな感覚からしたら」絶対におかしい。

ここなんだよね。

enoさんも相当に辛いイジメを体験したんだと思う。

ただ姫とは決定的な違いが一つだけあって、それは「家族の愛情という最期の砦が残されていたかどうか」なんだ。

この一点があるかないかで、その後の人格形成は全く違ってくるように思う。

もしも、enoさんが家族からも誰からも愛されていなかったとしたら。

そんな中、ただ過酷なイジメと暴力と否定だけが降り注いで、先生までもがイジメを黙認する側に回って、親も友達も誰も頼れない、誰の支えも得られない、家にすら居場所がない、enoさんの学生時代がもしそうだったとしたら。

enoさんのご両親が、とても尊敬できないような、冷淡な人達だったなら。

家族を含む、教師を含む、友達を含む、全てが自分を害する敵、そういう状況まで追い込まれてたら。

真っ当な感覚で自殺するか、

自ら頭のネジを飛ばして、壊れて狂いながら生き延びるか、

人格がまだ出来上がってない幼少期に、そんな選択を問答無用で迫られたら。

enoさんは、今の「家族愛に救われたenoさん」のように「まともに物事を判断できる人格」を獲得出来ただろうか。

世の中を見渡すと、苛められた経験のある人自体は相当数いると思う。

その中で、姫のように致命的に性格が歪む人と、
「自分が苦しい体験をしたのだから、人には絶対それを味わわせまい」と、enoさんのように、その体験をむしろ糧にして、真っ当に育つ人がいて。

その一番の差は、家族のような、絶対的な愛情を示してくれる、絶対的な味方が一人でも傍にいてくれたかどうか、なんだと思う。

実際には姫よりもenoさんの体験したイジメのほうがもっと過酷だったかもしれないし、それでもenoさんが姫の行動原理を「おかしい」と思えるほどにまともな感覚を失わずいられるのは、やっぱりご家族のおかげなんだと思う。

そして、家族のような、絶対的に信頼出来る存在がないと、とても危うくて脆いのが人間の理性っていうものなんだと思う。

もう少し尺を取って、小説やドラマみたいに、姫がどれだけ壊れてるのか、どうしてそんなに壊れちゃったのかっていう心理的な動きを、こんなふうに説明臭く書くんじゃなく、もっと自然に、かつ丁寧に書けてたら、手にとってくれた人達も、もう少し作品に入り込み易かったのかなって。

姫に対して「自分とは違う、致命的に壊れてしまった子」という認識で見るか、「自分と同じ苛められた経験のある子」として見るかで、まったく見え方が違くて。

「自分とは違う、境遇によって性格が致命的に歪んじゃった子のお話なんだ」って事をまず受け手に理解してもらう必要があったのに、それを後半の数行の描写でさらっと済ませちゃったから、買ってくれた多くの人が「普通に考えてこの子の行動はおかしい」って、「普通の自分の感覚で」姫を捉えようとして、「なんかおかしい。胸糞悪い話だ」っていう作品への評価になっちゃったんだろうなって思う。

「まああくまでCG集だから」っていう観念に囚われて、丁寧に描写することを怠った自分の落ち度。

CG集だからって尺を取っちゃいけない決まりがあるわけじゃないし、もっと丁寧に書いてもよかったはずなのに、「まあいいや」でやっちゃった自分の至らなさが招いた結果と思う。

enoさんなんかは「普通に考えて姫の行動はおかしい。こんなのって気分悪い」で思考停止せずに、「いやまてよ、これはそういうアレじゃなくて、もっと、こういうことを表現してるんじゃないか?」って能動的に洞察してくれるから、自分がうまく表現しきれなかった部分までを汲んで「作品を通じての、いじめに対する提言」を理解してくれたけれど、そうでない多くの人にとっては「気分が悪い」で終わっちゃう作品になっちゃったかなって。

これは自分がもう少し丁寧に描写さえしていれば回避できたはずの読者のミスリードだから、ほんと買ってくれた人達に申し訳ないなって思う。


自分も昔苛められてて、イジメが苛烈化すると、それまで友達だった子たちまでが段々と虐める側に加わっていって、姫みたいに「友達ヅラして寄ってくる人間だって結局最期はみんな裏切る。誰も信用できない。信用なんかしたら裏切られて痛い目をみるだけ」ってなってた時期があったんだ。

だって、自分を虐めてる人間の3分の1は、イジメがひどくなるまでは自分の事を笑顔で友達って呼んでた人間なんだ。

千夏のように最初は笑顔で気さくに寄ってきた子たちが、次第に虐めの集団に飲み込まれて、虐める側になった。

仲間だと思ってた人が、明確に敵になる瞬間の顔って忘れられない。

自分の事をこの間まで友達って呼んでくれてた子が、「○○菌がうつるから近寄るな!」って、自分に向かって怒鳴る瞬間の顔。

そういう体験をしちゃうと、その後また千夏みたいに笑顔で寄ってくる子がいても「へえ、じゃああんたが自分に示してくれる友情とやらは、どの程度の重みまで耐えられるの?どの程度で裏返るの?見せてみなよ。証明してくんないと信じれないよ」ってなっちゃう。

家族や教師や友達、守ってくれるものが何もない、自分だけしか頼れるものがないってところまで追い込まれると、自己防衛の為に必要以上に卑屈になって、捻くれて、性格も、考え方も、モノの見方も歪んじゃうんだ。

自分もある種特例的に力を得たタイプで、ある段階で「虐める側」にまでなったけど、その力を駆使して自分を昔イジメた子たちに復讐をしようってはならなかった。

自分が集団の中である種の権力を手にした頃には、イジメっ子達とは通う学校がもう違ったし、わざわざその子らがいる学校まで出向いて仕返しをするっていうのも、強くなったはずの今でさえ、イジメっ子達に心をかき乱されて翻弄されてる事の証明みたいで嫌だった。

「自分はもうそんなやっただのやられただの言う、そんな低い次元にはいない。イジメっ子達とは次元が違うはるか高みで今を生きてるからね。復讐とかそんな瑣末なことにエネルギー注いでるほど暇じゃないのよ」って自分に散々言い聞かせてた。

そのくせ、「今目の前にいる弱者」には平気で暴力を振るった。

結局自分も、本当に強くなったわけじゃなくて、「自分は強くなったと思い込んで、昔の苛められてた自分を知らない人達の前で、虚勢を張って威張り散らすことで、自分より弱い人間を攻撃して力を証明してみせることで、今の自分の立場を保ってるだけの臆病者」だったんだ。

そういう感じを、姫を通じて表現したかったんだけど、どうにも不完全燃焼だった`ー`

やっぱりもっとサウンドノベルみたいにして、受け手の人達が「普通に考えて姫の行動はおかしい」じゃなくて「姫はそもそも普通が当てはまらないくらい壊れた存在なんだ」って部分をすんなり理解出来るくらい、物語の全体像をちゃんと丁寧に書くべきだったんだと思う。


イジメの問題も含めて、教育のあり方を見直す必要があるっていうのは自分もすごく切実にそう思う。

今の日本に溢れてる様々な問題の根幹は、教育の質の低さが根っこにあると自分も考えてる。

今の教育のやり方を続けてる限り、イジメやそれによる自殺は絶対に減らないと思う。

ただ、じゃあ理想論じゃなく、実際に実現出来る範囲で学校教育のあり方を見なおして、いじめは悪い事だってちゃんと教えるように改善したら、いじめも自殺もなくなるのかっていったら、それも難しいだろうなっていう風にも思う。

どんなに適切な教育を施しても、「イジメは悪い事だ」とどれだけ叩き込んでも、それでもイジメをするのが人間で、自分より弱いモノを寄って集って攻撃したがるのが人間っていう生き物の本質なんじゃないかって。

だって、子供だけじゃなくて、大人の世界だってイジメは溢れるほど横行してるもん。

自分の手を汚さずに人を傷つける大人のほうが、子供以上に残酷かもしれないってすら思う。

子供は「これ以上やったらどうなるか分からないから」「これは相手を酷く傷つける事なのだと分からないから」酷いことを平気でするけど、大人は「全部わかった上で」やる、そういう凶悪さがあるから。

大人同士のイジメ、これはもう「まだ子供だから、善悪の観念が未発達だから」じゃ説明できない部分。

人間は、生きてれば当然のように直面する様々な理不尽に日々ストレスを溜め込んでいって、そのはけ口をどこかしらに求めちゃう生き物なんだと思う。

自分やenoさんにとってはこの捌け口が二次元におけるエロやリョナなんだと思うけど、リョナやエロにあんまり興味がなくて、現実の人間、例えば同僚や部下や妻や我が子を攻撃する事でしかストレスを発散できない人種っていうのもいて。

どんなにシステムや場や年齢層や時代を変えても、イジメはどこにでも必ず存在して。

イジメを減らす努力ももちろん絶対に必要だし、その方法論を模索する事もまず第一に注力すべきことだけど、それでもそういうものに直面した時、虐めの当事者になってしまった時、それをどう受け止めて、どう向き合っていくのかが肝要なんだと思う。

一生憎み続けるのか、復讐するのか、許すのか。許すなら”どのようにして”許すのか。

憎み続けて、復讐すれば苦悩と苦痛とわだかまりは全て消えるのか。

そんなはずないことを、多分復讐心に苛まれた事のある多くの人が、心のどっかでもう気づいてて。

人を許せる人間になりたい、本当は憎むことより、復讐することより、許すことが”自分自身にとって”最も有意義な選択なんだと、頭の片隅では理解してる、でもやっぱり気持ちの部分で、イジメた人間をそう簡単には許せない。

あんな酷いことをしたやつを、許すなんて絶対できない。

それが人間の自然な心情ってもので、その上で、それでもenoさんが言った「今は許せる気がする」って言葉、この心境の変化がすごく重要なんだと思う。

きっと「以前は許せなかったものを、許せるようになったenoさん」は、今後、もし、「許せない気持ちを抱えて、何かを憎みながら生きてる人」と出会った時、その人に「許すっていう選択もあるんだよ、それはとても難しいことだけど、自分の捉え方次第で如何様にも変化する、不可能ではない事柄なんだ。人を許す事は可能なんだ」って事を、自身の体験に根ざした重みのある言葉で伝えてあげれると思う。

そこからenoさんと、enoさんの出会った誰かの間に関係性が生まれた時、それが本当の物語なんだと思う。

どんなに環境やシステムを整えても、その中で傷つけあうのが人間達だから、システムや環境を少しずつでも改善していくと同時に、それでも傷を負ってしまった時、壊れてしまった時、その傷をどう癒やすのか、そういう歪みを抱えながら他者と向き合うというのはどういうことなのか、それを提言することもやっぱり大切な事だと自分は考えてて。

イジメのロンドではそういうテーマがおもくそ上滑りしちゃって、「薄ら寒い」って言われても仕方のない出来になっちゃったけど。。

そんな中途半端な出来の作品からでも、そんなふうに能動的に思索して、汲み取って、感じ取って、自分なりの答えを見いだせるenoさんはさすがやで(`▽`

メランコル

基本エッチな絵を描いてます`~`

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。